タグ:てづくりの甘いもの ( 38 ) タグの人気記事
           

page top

page top

エルダーフラワーの実 September 27. 2012
朝夕と秋の気配をかんじてきましたね。
随分とご無沙汰していました。
来て頂いてた方 ギョッとするタコの画像に
申し訳ありませんでした。
もうご心配なく。

ワンピーの出来上がりをば
なんて、言いたいところが
まぁ〜だ布っきれのまんま
きっと来年にはおみせます

さてきょうの音楽は”ねこやなぎさん”の亡きご主人
アレックスさんのCDからです。ピアノを弾いてられます。
画像も”ねこやなぎさん”のものを使わせていただきました。
イラスト、デッサンもねこやなぎさん作

*追記です
  この曲のことについて...ねこやなぎさんから教えてもらいました
  昔 身分の差で結婚できなかった時代の悲恋の物語です。
塩屋の息子と身分の高い生まれの女性の恋が実るのが不可能、、
その哀しみをトランペットの音に乗せて、ライン川のほとりで
吹いてた、という青年の哀しい別離の歌だそうです。
このライン川のほとりがアレックスさんの故郷で
スイスとの国境 Bad Säckingen という所だそうです。*

♬ Behut Dich Gott ♬ ←別ウインドウからはこちらから



もう2週間も前にはるかドイツミュンヘン在住のブログ友
 click ねこやなぎさん clickから
ご当地物のこんなのが飛んでまいりましたの。
e0130974_11475256.jpg


なにかといいますと
以前やいやいと頭の中で踊り狂ってた
あの、エルダーフラワーの実なんです

どうしても欲しくってネットでやっと探した
エルダーフラワーの小さな苗木

click その時の様子。 click

この夏、一度丸裸になったけど、新芽が出来て新しい葉っぱが
でてきてくれました。
やはり丈夫な木なのですね。
e0130974_1152493.jpg


ねこやなぎさんのおたくの近くの
エルダーフラワーの木は樹木です
たくさん実った実を見て私を思い出してくれ
ざっくとちぎって送ってくださったのです。



それはこんなアンティーク風な私好みの缶に入ってました!
e0130974_115313.jpge0130974_11531235.jpg

e0130974_11535768.jpge0130974_11534889.jpg

 


私のお気に入りのキッチンの場所に似合ってるでしょう!
e0130974_11552941.jpg


この実には小さな繊細な枝がついてました
e0130974_11574131.jpg


この枝から一粒づつちぎってみましたが、
なんと、大変な作業!
しっかりと枝にくっついてて
大きくもごうとすると実がつぶれるし
おくられてきたこの実達には枝はほんの少ししかなく(一番上の写真そのまま)
ねこやなぎさんが一枝づつ大事にちぎってくださったのが
目に見えるようです。
本当にありがとうございました。大変な作業でしたね。

早々にその晩にお鍋でジャムを作ってみました。
e0130974_11581226.jpg


今までに食べた事のないお味でした。
しいていえば、舌の感触は桑の実のジャムかな?
click その時の様子 click
私はこうやって食べました
e0130974_11583582.jpg


バーミックスで粉砕してすりつぶし漉して
ヨーグルトに混ぜてみました。
ufu.ufu このバーミックスめちゃくちゃ買ってよろしかったですw。みせびらかし〜
e0130974_1232781.jpg


私が勝手に思ってるねこやなぎさんカラーでまとめました

e0130974_1159116.jpg


そして、楽しいレコード盤のコースターもちろんゴム製ですよ。
e0130974_16644.jpg

タマには、こんなかわいい、おもちゃ。

e0130974_1283147.jpg


中央をおすと、鳥の声がするんです。
もちろん、大反応!
でも自分で押せないの。もう!

あんぽちゃんにはこんな事ぐらいしかできないの...(あんぽんたんのこと)
e0130974_1291257.jpg

タマのひとりごと....ねこやなぎさんちの空太君は押せるのかなぁ〜?
[PR]
           

page top

by jazzbud | 2012-09-27 00:56

page top

文旦ピール March 03,2012
♬ The Wind That Shakes The Barley ♬
Martin Carthy 4:30
記事には関係ありませんが
先日のマーティン・カーシーが詠う
アイルランドの伝承歌です。

南国土佐より恒例のうれしいお届けもの
今年はちょっと早いけどいつもの友より

大玉が8個入ってましたが
カメラに納める事もわすれ
7個の可愛い文旦はお腹へ

これは今年も飽きずに制作した文旦ピールです


e0130974_2384967.jpg


去年は白い綿をしっかりこそいだもの
あまりこそがないもので作りましたが
その様子
どちらにしても、苦さはやはり残ります
ですから今年は楽な方であまりこそがないし
湯こぼしも3回にしてみました。

e0130974_239485.jpg

これは2個分です。
湯がいた文旦の重さと同量のグラニュー糖で煮ました
ちょっと多いけど、美味しいほうがいいものね。

e0130974_2391812.jpg



シロップは煮詰めないで残しておきましたがこれが正解!
ヨーグルトにかけて食べましたら独特の風味が残り正解!


文旦ピールもチョコをまぶしてみましたがおすすめできませんし
ピールも冷凍庫に保存して少しづつ出しては食べていますが
たくさんは食べれるものでもありません。
せいぜい2本かな?
e0130974_2393151.jpg



ということで
最後の文旦の皮はシロップの為の風味付けということにして、、。
やってみませう。
そうしなはれ、とこの仔も夢の中で言っております。
e0130974_025832.jpg


体重もほぼ同じ位でしたん......
[PR]
           

page top

by jazzbud | 2012-03-03 01:49

page top

フェーブをつかって January 07,2012
♬ Things Ain't What They Used To Be ♬
デューク・エリントンの演奏で 3:00


あたりました〜
e0130974_21184480.jpg


お年玉年賀?
まさかまさか

ガレット・デ・ロワもどきをあわてて自家製菓してみました〜
↓この人が当たり中央にもぐってて端っこがみえてます
われながらちゃんと切れたっておどろいてしまいました
ネッ!
e0130974_21225749.jpg


ガレット・デ・ロワの中にフェーブを一つしのばせておきます
切り分けて食べ、フェーブが当たった人は王冠をかぶり、祝福を受け
幸運が1年間継続するといわれるそうですよ。

e0130974_21582780.jpg

こういうお洒落なことをするしきたりのない我が家ですが
かわいい陶器のフェーブをフランスのお土産に随分前に頂いていて
毎年作ろうっと思う間に、終ってしまうのです。
1月6日に食べるらしいですね。

今日遅ればせながら
10個の中の一つの
フェーブを使ってみました。

フェーブってとっても可愛いのです。
思わず一つづつ撮ってみました。みてね。

e0130974_21353442.jpge0130974_2244162.jpg


e0130974_21362042.jpg
e0130974_2136914.jpg



e0130974_21371124.jpge0130974_21365827.jpg


e0130974_21375915.jpg
e0130974_21381148.jpg

e0130974_21382282.jpg



主役のフェーブはこの子でした
e0130974_2212529.jpg


陶器でできていて3.5センチの高さのもの
皆さんのお気に入りありましたでしょうか
来年は当日に作り王冠も用意したいですね

このケーキはどちらかのブログで拝見したもので
おすすめされてましたのをメモしておいた物です

凄く簡単ではじめてでも美味しくできました
今度は火加減を注意してみようとおもいます

レシピ

アーモンドプードル 200g
砂糖        150g
卵         4個
レモン半分のすりおろした皮
シナモンまたはバニラエッセンス 少々
薄切りのアーモンド

1 アーモンドプードルと砂糖を混ぜ合わせる
2 混ぜ合わせておいた卵とレモンの皮とシナモンを1に加える
3 容器にいれ最後に薄切りのアーモンドを載せる
4 180度に温めておいたオーブンで30分から40分焼く
最後に私はナパージュを水に溶いて塗りました
その方は粉砂糖でした。どなたかすっかり忘れましたが
ありがとうございました。

この仔もげんきに過ごしています
いいお部屋を買ってあげましたよ
e0130974_225246100.jpg


そして今年も元気な新鮮なお花を貰いました
ありがとうKちゃん ほんの一部だけどもね
e0130974_22534042.jpg

[PR]
           

page top

by jazzbud | 2012-01-07 23:42

page top

栗の渋皮煮 October 28, 2011
♬ ハロードリー ♬
ルイ・アームストロング で

栗を渋皮煮にしてみました。

こういいながらも初挑戦です
サッチモのごきげんな声でも聞きながらじゃないと
まず神経がよろしくなくなりそうな渋皮煮でしたぁ

こちらのレシピを参考にしました。
鬼皮を剥きますがこの栗、平たい部分がなくってコロンと全体が
丸いのです。なので、包丁の切り目を入れるのが、怖いこわい。
で1、2分熱湯で茹でて、一個づつ渋皮を傷つけないように注意しながら
鬼皮を剥きました。これで簡単にむけました。フー

終了の写真
e0130974_23404137.jpg


重曹と大根おろしで灰汁をとりながら煮ていきます
ここで中火ですね。強火にするとっせっかくの渋皮がこわれていくようで..
e0130974_23485962.jpg


上を3回繰り返します
そして、やっと終了

お砂糖をいれじっくりと煮ましょう
e0130974_23511958.jpg



一晩ねかせて食べてみました
おいしいのですが、栗が柔らか過ぎ、香りがあまり感じません

で、レシピにはありませんでしたが、リキュールを適当にいれお汁が無くなる位まで
煮てみることにしました。
全部の栗が一段でつかるように底の大きいお鍋にかえてじっくりと弱火で

e0130974_23535128.jpg


これが正解
おいしい香りのある程よい固さのマロンになりました


お茶と一緒に
e0130974_23585347.jpg


ぼくの部屋の道に細い道ができました
荷物置き場みたいでしゅ まったくもう
ぼくに関係のないパイナップルまで


e0130974_19568.jpg

[PR]
           

page top

by jazzbud | 2011-10-28 01:14

page top

紅玉林檎で...February 28, 2011
♬ Remembering this Place ♬
Philip Aabergのピアノ

e0130974_1627644.jpg




紅玉林檎をお取り寄せしました。

また慌ただしく1週間中につかいこなさないと
で今年は賢くなって2年前みたいに10キロの
お取り寄せはやめ、たったの2キロ←かわいい

まずはアップルパイを
一応軽くパイ生地から
つくってみることにね


e0130974_16312330.jpge0130974_16311248.jpg

e0130974_16325296.jpge0130974_16324234.jpg

e0130974_1633261.jpg



中の林檎を高く盛って
焦げ目がきつくついて
残念むねんのしあがり
じっと我慢の子になり
最後位見てないとダメ
という反省の林檎パイ

でも味はばっちりなの
紅玉のすっぱさと甘さ
本当に紅玉のなせる技

林檎パイは紅玉ですよ

このりんごパイを2つ
完成させた8個の林檎

-----------**------------

そして真夜中での作業
林檎のジュレをどうぞ
e0130974_1643872.jpg


りんご5個をざく切り
ひたひたのお水と煮る
45分くらい弱火にて
晒で作った袋に入れて
こうやって自然に任せ
絞りだすだけでいいの
決して手で絞っては×

e0130974_16473866.jpge0130974_16472892.jpg


朝になり紐が落ちてないかと心配で
ここにひっかけてた晒の紐をほどき
e0130974_21482111.jpg


ジュースと林檎のかす煮を同時進行で調理してみようと思う
ジュースの方はジュースの3分の1位のグラニュー糖をいれ
弱火で1時間くらい木しゃもじでかき混ぜてじっと我慢の子
かすの方はもう味はよくないけど、私は少し砂糖をいれ煮た

冷凍してカレーやシチューにでも入れてみようとつくったの

e0130974_21485971.jpg


ジュレの出来上がり!

e0130974_21525958.jpg

今年も又寸前でちょっとだけ固まりかけてしまった。
この固まりの具合をどうしてみたらいいのでしょう。
前回は寸前でもしゃもしゃになった部分が多かった。

スプーンにすくっては眺め
様子を何度もみながら舐め
火を止めるタイミング探し
結局1時間おしゃもじ作業

でも、がんばっただけの味になるのです。
これは冷凍庫にいれ細かく刻んでほぞん。
いろんなばめんのトッピングにしますよ。

はやく試食したくて
e0130974_22121344.jpg


どなたですか?
梅干し茶漬け?
って言ったのは

アイスクリーム

e0130974_22131448.jpg



ぼくにはかんけいないね
e0130974_2310486.jpg


きょうもながながとありがとうございました
これで紅玉林檎作業も完了しほっとしました

ちなみに前回のジュレ作業はここ
[PR]
           

page top

by jazzbud | 2011-02-28 23:22

page top

フルーツ酢で冷えひえ February 23, 2011
♬ コルコバード ♬
きょうは だいすきな♡ナラ・レオンの声で

1週間経ちました。
さっそく果物をきれいに引き上げて勢揃い!


e0130974_14394538.jpg


ラベルも一つひとつ貼りました.
でないと見た目同じに見えます.
どれがどれだかさっぱり判らぬ.
酢だけにサッパリ風味ですもの.
さっぱりおもしろくないですね.
e0130974_23234152.jpg
e0130974_23233372.jpge0130974_2323245.jpg


取り出す前はこんなかんじ
e0130974_2323434.jpg
e0130974_23225535.jpg


とりだしたフルーツ
ミニトマトの鮮やかなこと!
e0130974_23251163.jpg



オレンジと林檎を合わせてお砂糖をたっぷりといれて
ジャムにしてみました。
e0130974_23251992.jpg


かなり酸っぱいけど、なんだかいい感じかも?


昨晩の食事で鶏胸肉となんだか家にある根菜類の野菜やらを
適当に切って炒めお醤油とみりんで味付けし、
さあ、私の隠し味バルサミコ酢で最後はきめましょう。
って思って手をのばす先に先ほどの取り出したるフルーツが
まだそのまま。

いや、これをバルサのかわりに入れてみようか?
e0130974_23264846.jpg


いやこれ、いけましたぁ〜。

このシリーズ残すことなく完食できそうですよ。
ただしバナナだけは黒くなって破棄いたしました。

きょうのこと、さっぱりなんのことか
おわかりでない方はここをみてくださいね。


♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨♨
さて今宵はお風呂あがりに一杯のみましたよ。
ブルーベリーとキウイ それぞれ水でうすめて
e0130974_2246142.jpg


このなんていうかわからぬ柄杓みたいなもの
こうやってフルーツ酢を入れるのに、とっても便利!
e0130974_2247986.jpg



ぼくは好みじゃありましぇん...
e0130974_22495914.jpg


ちなみに私はキウイが好み!

でもどれもおいしくて。
普通に飲めそうですよ。
夏なんか最高でしょう。
体が冷えてきました〜。

キラリン
e0130974_2373124.jpg

[PR]
           

page top

by jazzbud | 2011-02-23 23:12

page top

フルーつっ酢 February 18, 2011
♬ コルコバード ♬
ベレーザのうたで

ガラスの瓶って便利です。
中がみえて飾りにもなる。
使うのを忘れなさそうで。
でも手の届かない高い所
ではあまり意味のない瓶

いつもは本を並べていましたが、
この小さな瓶の置き場所を探してるうちに

ココって声が..
一緒にて整列..
e0130974_151211.jpg


この小さな瓶の中身は
可愛いネーミングの酢
“果物漬けてネッ酢”
自分で作る飲むお酢
e0130974_29721.jpg


先日の城崎で温泉あがりに飲んだトマトとオレンジのお酢
美味しかったので、取り寄せてみました。

自分で作るのも楽しい
まずは瓶の煮沸消毒
この作業もたのしい
e0130974_233344.jpg




なんでも詰めてみましたよ。

e0130974_243437.jpge0130974_242613.jpge0130974_241422.jpge0130974_24557.jpge0130974_235690.jpge0130974_234773.jpg
e0130974_2111653.jpg





そりゃくるよね。
e0130974_263178.jpg
e0130974_262177.jpg
e0130974_261347.jpg

これだけで、1.8リットルの“果物漬けてネッ酢”使いました〜
1週間じっと実からのエキスを抽出します。
楽しみだなぁ〜
今日ちょっと味見しましたら(まだ3日しか経ってないのに)
どれもやはり味が違う!
これは、ひょっとしたら私の中でヒットするかもしれません
[PR]
           

page top

by jazzbud | 2011-02-18 22:45

page top

チョコフォンデュとともに..February 14 ,2011
♬ My Funny Valentine ♬
サラ・ヴォーンのうたで..

はかり売りのチョコはいかが?
e0130974_1343307.jpg


そのなかみは...
e0130974_115233.jpg

ネスプレッソのカプセルを買うとおまけについてきたもの
もちろん限定期間だけ...
このビターがもうおいしいの



ドイツのもうナッツの甘いチョコ
これももう、おいしいの
e0130974_1163285.jpg



やはり抹茶味はかかせません
e0130974_1172469.jpg


そして、今年はチョコフォンデュをしました

チョコを削って...
e0130974_1185452.jpg



ストウブの10センチのお鍋で溶かし
e0130974_1191853.jpg



さあ、お召し上がれ〜
ふーふー熱いチョコに冷たいつめたいフルーツが
すごくマッチしてるおやつです。

e0130974_13393557.jpg



気がつくと14日になってました
そそくさと更新しますね。

今日のmusicはサラ・ヴォーンのうたう
マイ・ファニー・バレンタイン

昨年はチェットベイカーハンクジョーンズのソロピアノ
一昨年はオスカーピーターソンのピアノトリオ

よかったお聴きくださいね
[PR]
           

page top

by jazzbud | 2011-02-14 11:30

page top

桑の木 June13, 2010
♬ 赤とんぼ おしゃまな初恋 ♬
途中からフランス・ギャルの歌に

4月桜の並木を歩いたときに見つけておいた木!
それは

左端の花のないこの木です
e0130974_23425821.jpg




桜に気をとられてうっかり見過ごす所でしたが、
プレートをみると..."桑”と書いてありました。
童謡“赤とんぼ”にでてくる桑の木のこと?
1.5キロに及ぶ長い桜路の終点にどんと大きく構えていました。

きっと実のなる頃には“♬ 桑の実を〜 こかごにつんだはまぼろしか ♬”

そう、まぼろしだったのです。
e0130974_232049100.jpg




ieie!真実だったのです。


この日を待ちわびていた私は、楽しみに籠をもって行ってまいりました
先週の日曜日のこと。
場所は click こちら click
e0130974_23521477.jpg




下から覗くと鈴なりに桑の実が...
英名Mulberry
**クワの果実はキイチゴのような粒の集まった形を表す語としても用いられる**wikiより

e0130974_2238178.jpg


時期的にまだ先のほうがよかったみたいですが、
500グラムの紫の真珠を収穫できました。
昨日の土曜日あたり熟していたでしょうね。
どなたか、収穫にいかれたかな?

e0130974_1842576.jpg


熟した桑のみはオーベルジン色のstaubのお鍋の色にそっくり。
さっそくこのお鍋でジャムを作る事にしました。

軸はついたままで良いとのレシピでそのまま。
3分の1はフードプロで細かくしました。
半分以上してもよかったかもしれません。

150グラムのお砂糖と500グラムの桑の実をぐつぐつと
最後に檸檬汁を..

e0130974_224174.jpg



e0130974_2252596.jpg


そのまま食べた桑の実は甘酸っぱくて、ちょっとブルーベリー的な味でした。
細かい種がちょっとだけ気になるように見えますが、
ジャムとして食べたら気になりませんでした。

ポリフェノールはたくさん入ってるとのこと。
もし、出会ったら是非に収穫してみてくださいね。

昔読んできかせた、"14匹のひっこし”の絵本をおもいだしました。
e0130974_23281849.jpg

スキャナしたら落書きしたのが、ここではじめて判明したよ!○○年ぶりに
汚い字....

e0130974_23283558.jpg


最後に悲しい結果をご報告しなくてはいけません...

我が家のジューンベリー収穫数..16個..4個は即お口に...
可哀想なお皿にて、葉をイラストしました。
e0130974_1994468.jpg

こちらはとても甘くってそのままで食べてしまいました。
種の小さいのが2粒づつ入っていましたので、これも試しに植えておきましょう。
なんと、メゲナイ人間でしょうね。
一週間前のジューンベリー
この状態で結果はわかっておりましたが、
e0130974_18523031.jpg


today's tama
ぼくもおかあたんも運命の赤い糸で次こそ
実りますように..
e0130974_18574316.jpg


tamaの願い
e0130974_18583939.jpg

よろちく...こんだけアップでみせたんだからne!
きょうの歌のフランス・ギャルさんはちなみに、当年62歳です
[PR]
           

page top

by jazzbud | 2010-06-13 20:55

page top

ガラスのお香立て April 20 , 2010
 ♪ マリアの御子 ♪

リョベート作曲 ギター演奏で2:00


炭酸飲料みたいですが、そうではありません...

以前にタマの後ろにひかえてた、子分達です。

今日はアップでみてくださいね

e0130974_194559.jpg




手作りのガラスでできた猫のお香立て
京都のお土産さんで見つけあまりにも、タマのふっくらとした
ナス型体型(ieieタマさんだけではなく...putt!)
にそっくりでしたので、買ってしまいました。

親分のタマはふらふらうろうろするばかりで、ちっとも子分の教育にも
携わらないし、かえって悪い位なので、(パンチで破裂させてしまう可能性大故)

ここに居させることにしました。
ここだと毎日灯の中で過ごせます。

e0130974_1103838.jpg






薔薇風味のお香をたいてみましたが、
なかなかうまく煙が撮れません。

その中でもなにかに見えたこの一枚....

e0130974_2144513.jpg


うまく撮れなくても
こういうことは、したくなるのです。




e0130974_18322217.jpg


かなりのこじつけですが
猫とうさぎです。
きっと私だけでしょうね。






Today's Tama

ちょっと離れていたい時もあるんでしゅ(子分といえど)



e0130974_18442891.jpg




奈良の本葛で作る”ぷるとろ葛餅”を頂きました。

click 天極堂 click

作りたての葛餅をすぐに食べられるなんて。
とにかく作ってみました。

材料は丁寧に用意されています。

作り方は上の天極堂をクリックしてくだされば..

e0130974_19571186.jpg


一緒に入っていたケースにいれ3分間待ちます。
e0130974_19572368.jpg

アップで
こうやって書いていても、又食べたくなる位
ちょっとつくるのが面倒でもありますが、
あのおいしさのことを思えば、頑張れる位。

今回は頂きましたが、次回は必ず買って帰るでしょう。
e0130974_19573889.jpg
e0130974_22193479.jpg

[PR]
           

page top

by jazzbud | 2010-04-20 09:42

page top



6歳の猫タマとの
生活の中で
毎日の暮らしを
書き留めてみたい
by jazzbud

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


☆NEW☆
♥My Home Page

★notebook of jazzbud


☆04,14☆
♢Hp更新memo♢

MusicのJazzの3ページ目

♥Tama's note

2007 8.10生
男の子
今月・6歳と0ヶ月

♥Tama's 8月の体重

8.2キロ

♥Tama's 8月の身長

?cm
立った状態で
頭のてっぺんから
つま先まで

♥Tama's フード


カリカリ・・90グラム
レトルト・・半袋

♥お問い合わせメール


メールは↓から
★ メールフォーム

♥Friends of homepage

★絵のとなり
tara葉さん

♥Friends of blog

★ 藍色日記
fmutuさん

★ あかね雲キレイ♪
marucoxさん

★ありがとう 人生!
~merci la vie~
      belgiumさん

★ いっちゃんの美味しい食卓
  elliottyyさん

★ it's on my mind
miffiteaさん

★LA MAISON DE VENT
愛する器たち
la_maison_de_vent さん

★うまうまな毎日.徒然の毎日
こまめさん

★ cardiff日記
ikehana88さん

★ so far,so good
ikehana888さん

★ キョウハナニシヨウカシラ? 
 shizumama0219さん

★ 今日も元気でCiao!
bella8さん

★ 菊★blog 
  ayumi-john さん

★ 好きなものに囲まれて
kamakura0608さん

★ 星星峡
seiseikyoさん

★ ジンジャーの小径 
 cookie-tea38 さん

★たんたんソーセージ王国をゆく
タンタンさん

★代官山だより♪
daikanyamamariaさん

★ducky!
angers03さん

★ タマリンドの木の下で
miroviviさん

★小さな宝探し
vivihamuさん

★ 月の下の子供 
 CHAILD UNDER THE MOON
garuさん

★ 猫と紅茶
tea-tea-chai さん

★ nya☆nyaぶろぐ
Chrisさん

★猫にはかなわない
leelooKDさん

★ ねこやなぎ
HarukoB1さん

★ Release Time
  pontaさん

★ はなうた日和 
  naonuvolaさん

★ ヒトは猫の
ペットである 
 y_and_r_d さん

★ 放浪しちゃえば
umichan43さん

★Lush Life
Aqua_blueYさん

★ Rise覚書
rise_1246さん

★ リンカのこと
samandraさん

★ ロビンと一緒にお茶しましょ♪
flyrobinさん

★ まんまる日記 
 maru-tonpi さん

★ ミンちゃん's カフェ
ミントさん



タグ
(140)
(65)
(54)
(53)
(51)
(47)
(38)
(38)
(38)
(36)
(26)
(16)
(15)
(11)
(11)
(7)
(6)
(5)
(4)
以前の記事
2014年 04月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
その他のジャンル
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧